BGAの不良はんだボール補修用リボール・デボール

半導体デバイスのはんだ接触不良を修復する必要がある場合があります。当社の装置では、さまざまな塗布方法を用意しています。

修理

リフロー工程でのバンプ形成時に、コンタクトパッド上のはんだボールの欠落や過多を補修するために使用されます。歩留まり損失は、ペースト印刷、はんだペースト塗布、はんだボール単体配置、多球搬送の際に発生することがあります。バンプの歩留まり低下は、特にダイあたりの入出力数が多い高価格帯のデバイスでは、ほとんどのアプリケーションで全体の利益率に影響を及ぼします。インラインリペアステーションは、過剰なボールを除去したり、不足するパッド位置に球を配置することで、ボール配置の歩留まりを劇的に向上させ、効率的なリフロー結果を得ることができます。

リワーク

BGA(ボールグリッドアレイ)、CSP(チップスケールパッケージ)、FC(フリップチップパッケージ)などの半導体製品の組み立て時に部品が破損した場合、はんだバンプのリワークが必要になります。これらのデバイスをリワークするためには、個々のコンポーネントを分解する必要があります。これには、デバイスや基板から損傷したはんだバンプを除去し、新しいはんだバンプに交換する作業も含まれます。柔軟性のあるリワークツールは、これらの部品を扱うことができ、システム全体の歩留まりを大幅に向上させることができます。

リボール/デボール

特殊な用途で鉛フリーボールから鉛入りボールへの交換が必要な場合、その工程はリボールと呼ばれます。BGAを生産するバックエンドパッケージング企業のほとんどが鉛フリー合金(SnAgCu)に切り替え、防衛、航空宇宙、医療などの特殊用途では、システムに必要な適格な鉛ベースのBGAがないままになっています。

リワークやリボール/デボール(延長修理も含む)の工程は、当社のレーザーベースバンピングシステムSB²で行うことができます。このシステムは、局所加熱源を利用して単一のはんだ球を選択的に溶かし、真空を使ってウエハ、チップ、パッケージなどのデバイスから溶融はんだ材料を除去し、はんだバンプを除去・交換します。  その後、SB²は新しいはんだ球をボンドパッドに落とし、同時にレーザーソルダージェットプロセスではんだ球をリフローさせます。

営業担当へのお問い合わせ
Solder Ball Mounting

ハンダボールリワーク装置

2023-01-27T11:11:11+01:00

SB² – SM

SB2-SMは、SB2-Mより広い作業領域を持ち、オプション機能を充実させた試作・少量生産向けの機械です。

2023-10-13T10:38:50+02:00

SB² – Jet

SB²-Jetは、高速シーケンシャルソルダーボールアタッチとレーザーリフローを自動化した最新鋭機です。

2023-01-27T11:04:05+01:00

SB² – Compact

SB²-Compact機は、高い柔軟性と超コンパクトなワークステーションを備えた大量生産向けのSB²エントリーポイントです。